遊プロジェクト京都

WEB MAGAZINE
メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

VOL.54

2017年春爛漫。

昨年冬、パソコンが壊れてしまったあ、何とかしなきゃと思う内に新年となり、春が来て、その間にはいくつものドラマが。遊プロジェクト京都は相変わらずの素敵なの日々でした、何もお伝えできないままでしたが、やっとパソコンを動かせるようになり、ほっとしています。パソコンを何もなかったように、動かしてくださった遊プロ理事さん、ありがとうございました。皆様、大幅に遅れてのご挨拶ですが、本年もどうぞよろしくお願いもうしあげます。

今年は遊プロ設立10周年。

今年は早いもので遊プロジェクト京都発足からもう10年となります。振り返れば、2007年はさまざまな出会いがあった素晴らしい年でした。2007年発足の年に京都府の提案コンクールにて優秀賞をいただきました。その時の提案から生まれたのが、プロジェクトポストであり、そこからさらに発展したのが「京町家室町 遊子庵」です。そして、もう一つの大きな活動が、「地域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会」でした。そこからさらに「京の公共人材大賞事業委員会」が発足し大きく発展しています。遊プロ活動を応援くださっている皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

講座や書籍制作にシンポジウムに、と楽しいこと満載。

夏にはとても楽しい今までにない講座を予定していますし、今年は本を必ず発行します。興味深いシンポジウムも秋に予定しています。ご期待ください!

 

遊子庵の活動が書籍に掲載されました。
『京都観光 40人の提言』〈白川書院)です。
昨年ふらっと遊子庵にいらっしゃった三好克之さんの本です。私は遊子庵の活動や京都には暮らしの智恵があること、自然とともにある街であることなどお話しました。大垣書店で購入できます。

 

第50回夕陽を観る会は4月、今週末に。
霊山正法寺さんにて今年も春爛漫の中開催します。もう定員オーバーで満員御礼。夕陽に一日感謝して明日への力をいただいてきます。花山天文台の柴田先生が太陽、星のお話をしてくださいます。またご報告いたします。秋にはまたお寺では素晴らしい予定もありますから、早めにご案内いたします。ご期待ください。

 

バックナンバー: