京都国際インディーズ映画祭実行委員会

robota1

「京都国際インディーズ映画祭」は、2007年度に、世界の動画を京都から世界に配信するために設立された、新たな動画の可能性を考える組織です。インディーズ映画祭は、映画を通して、世界に埋もれている優れた才能と感性を発掘し、既成の枠を越えて価値観を共有し、差異を認識する。
つまり、新しい価値観との出逢いの場を提供するものです。
私たちが日々目にする情報から何を選択し、何を削除するかによって、その人の生き方が変わるといっても過言ではありません。幼い頃から育った生活環境や教育、そして自分が出逢った記憶が、大きくその人の考え方や美意識に影響を与えます。
そこで、京都国際インディーズ映画祭では、数ある短編映画の中でも特に作家性の領域に重点を置き、世界の様々な国の人々の思いやメッセージを映像を通して感じ合い、伝えあい、文化や宗教、言葉や国籍の違いを越えて感動を共有する取り組みをインターネットというメディアで行っている短編映画祭「 CON-CANムービー・フェスティバル」と提携し、様々な取り組みと試みを行っています。
短編映画の魅力は、創る側の挑戦と見る側の発見の交錯にあります。資金力や組織力、映画創りのセオリーや時間にとらわれず、多様なスタイルで自分のメッセージをストレートに発信してくる。ここに短編映画の意外性と魅力があります。見る側の心を揺さぶり、未知の世界を見せてくれます。
本企画では、世界から発信されてきた短編映画をとおして、映画を見るだけでなく、そこにある自由な発想と表現に触れてみることによって、見る人が新たな自分発見につながる機会になればと考えます。

関連サイト:http://kyoto.indies-cinema.com/2007/

インフォメーション:『京都国際インディーズ映画祭』 2008

開催
テーマ:映像ブリッジ イン KYOTO

日 時:2008年10月18日(土)
午後1時〜3時まで 世界のインディーズ映画上映
午後3時〜4時30分まで トークセッション『映画とメッセージ』

会 場:東映・京都撮影所内試写室

★お問い合わせ

URL:http://kyoto.indies-cinema.com/2007/
Mail:info@indies-cinema.com